短歌と日々の想い

自作の短歌と日々の想いを書いています。

タグ:練習用


イメージ 1

3月~4月にかけて咲くミモザアカシアです。

イメージ 2

春らしい綺麗な花です。
原産地はオーストラリア南部、日本へは明治初期に渡来しました。
ミモザアカシヤの仲間は約1000種あると言われています。
満開時の豪華さはまさに感動!単にミモザと言う人もいればアカシヤと言う
人もあり、一寸複雑ですね!詳細は省きます。
早春に黄色の花を枝一杯につけ、丈夫であることに加え、都会的な美しさと、香り
が親しまれています。
花言葉 秘密の恋・友情・神秘・エレガンス
雨に合う花らしく、雨の入った歌が多いですね。今日も雨が降っています。

あかしやの花ふり落とす月は来ぬ東京の雨わたくしの雨   北原白秋

あかしやの垂り花白き道を来て若く苦しき告白つづく   岡野弘彦

垣根から顔を出したるミモザ花黄の色鮮やか空と交わり
               かど
夕暮れにミモザアカシヤ門に咲き片恋なれど君に逢いたく
つぶやき
白梅の花開きたる散歩道そこだけポット白く華やぐ

のんびりと気儘に過ごすと決めたけど花を飾りたく買い物に出る

昼餉には昔の店と決めました コーヒー飲みつつ君を偲んで
  は         え
道の端に溶けぬ雪の上サクサクと歩けば浮ぶ白秋の歌



 


        サクララン

イメージ 1

イメージ 2  テッポーユリ

イメージ 3

 サクララン
金平糖を思わせる可愛い花です。
これはまだ咲き初めですが、完全に咲けば毬のような感じになります。
花期 6月~10月  色 白・赤
原産地 九州南部から沖縄・中国南部からオーストラリアなど。
花言葉 人生の出発・人生の門出

テッポーユリ
ふと見たらお向かいの家に咲いていました。新テッポーユリもあります。
別名(夏ユリ)やはり日本の南部に多いです。
植えた覚えがなくても自生しますので、あちこちで見られます。
花期 6月~9月 色は白
花言葉 純潔、甘美・無垢・威厳

星形のお菓子のやうなサクララン幼き日々の淡き甘さよ

サクララン小粒なれども愛らしく真珠のごとく艶めいて咲く

日の暮れて静かに咲きたるテッポーユリ君を思ひてここで待ちます
つぶやき
握手して一期一会をかみしめてバス停に一人 佇みてをりぬ

どくだみの蔓延る庭は匂ひ満ち虫もつかぬと花は寂し気 

このページのトップヘ