短歌と日々の想い

自作の短歌と日々の想いを書いています。

カテゴリ: 日記

風わたる裏の垣根に沿いて咲く冴えて彩るあじさいの花

夕暮れに家路につけば門前の花あかりする八重の十薬

ふる郷の友へ電話をとスマホ開け気づけばチーちゃんこの世にいない

ほどほどに幸せそうに生きているチクリと痛む胸の野いばら


IMG_0140

八重の十薬
八重の十薬(どくだみ)

梅雨と言えば紫陽花、紫陽花と言えば梅雨。
梅雨には欠かせない花です。
今を盛りとあつこちで咲いています。
雨によく合う綺麗な花ですね。
昔は紫陽花と言えば紫、と思いましたが今では改良されたのか、まさに色とりどりで私達を楽しませてくれます。
十薬は通称ドクダミの事ですが、八重咲きの十薬は知らない方が多く珍しいですが、群れ咲く十薬はとても綺麗です。
瓶にさしたい、と思いますが,匂いがどうもね。
やはりドクダミです。
昔は乾燥させてお茶にして飲んだと聞きますが、私は記憶がありません。
漢方薬で使うと聞きました。
中々根強く繁殖の強い花らしいです。
戦争も長引きそうですが、何とかうっとおしい梅雨を元気に乗り切りたいものですね。




ランキングに参加しています。
ぽちして応援いただけると励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

雨の後ピンク鮮やかブラシの木露の光て初夏をいろどる

くれないの「ぐみの実」食べて遊びたる思い出遠く安曇野のさと

夏の日の梅シロップと思いても長引くコロナに飲む人のなく

入選歌
公園のベンチに座して気晴らしに老鶯のこえ聴く「木漏れ日の森」
                    
 N新聞歌壇 永田和宏選

告げられし余命二年はとうに過ぎ今が余生と「啄木」を読む
                       M新聞歌壇 伊藤一彦選

24184773_s
ブラシの木
ぐみの木
ぐみの実


ブラシの木は日本産ではありませんので、珍しいと思い載せてみました。
あまり見かけませんが、偶然に団地のなかに1本ありまして、今を盛りと咲いています。
雨の後に見ますと、本当に濡れたブラシのようです。
ぐみの実を見つけた時は,懐かしさでいっぱいでした。
信州の田舎にはたくさんあり、子供の頃よく食べて遊んだものです。
此の辺りは都会の田舎と言う感じで、野の花も見られます。
道端の雑草も中々愛らしい花が咲き、時々摘んできては瓶にさして飾ります。
昨日は梅雨入り宣言がありましたが、やはり宣言通り、昨日今日は雨模様で肌寒いです。
梅雨もないと作物のために困るのですが、雨降りは嫌ですね。
気分もすっきりしません。
何とか工夫して楽しく明るく過ごしたいと思っています。




ランキングに参加しています。
ぽちして応援いただけると励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村


雨のあと垣根を覆うティカカヅラ ビーズのような玉露おとす

つばめの巣久々なりてなつかしく雛の声聞く小机の駅

愛らしきムギナデシコを摘む友の指先かろやか花とからめり

臥す君を見舞えば指差し「見てごらん」庭の小雀
(こがら)が春草つつく  
                                      
NHK短歌掲載、江戸雪選(恋の始まり)題詠

てぃかずら1
ティカカヅラ
麦なでしこ
ムギナデシコ


この頃は日中は真夏のように暑かったり、雨でひんやりして中々落ち着かない気候ですが、そろそろ梅雨の声も聞こえてきます。
ティカカヅラはちょうど梅雨のころ咲きますが、歴史的に有名な花ですから、興味のある方はティカカヅラの由来で調べてみるのもいいと思います。
ティカカズラを漢字で書くと(定家葛)です。
ムギナデシコは余り見かけませんが、とても可憐な花です。
花の短歌が多いのは、花の短歌を詠みたくて短歌の道に入ったからですが、中々思うようには出来ません。
色々と慾も出てきまして・・・・
人間の慾なんてきりがありません。
でも年を重ねても慾があるのは、悪くはないなぁと一人で呟いています。
おかしいですね。
とにかく好きなように生きられる事は幸せですが、世界大戦が起こらないように祈るばかりです。



ランキングに参加しています。
ぽちして応援いただけると励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
                 

待ちかねたサボテンの花開きたり皐月の風にゆさゆさ揺れる

門前に誰をか待つがにしとやかにシャガの花咲く春のおわりに

段ボール二つ届きぬ母の日に開ければそれぞれ匂い来る花

久々に娘の家を訪のえば手料理で迎えお喋りはずむ


サボテン大
母の日の花
             ジャスミン   ソープフラワー


長い連休も終わりまた何時もの生活に戻ったようです。
私には何時もの生活も連休もさして変わることもない平凡な生活ですが、それでも久しぶりに娘の家に行って少し休養を兼ねて楽しんできました。
娘の手料理も中々美味しく上手になったと感心しながらお喋りしてきました。
やはり食事は一人は侘しく二人でも賑やかに感じ尚美味しく食べられるものですね。

↑の花は母の日に頂いた花ですが、白い花はジャスミンで甘~い香りがして愛らしいです。
黄色い薔薇はソープフラワーと言って石鹸で出来た花束で石鹸の爽やかな香りを放っています。
サボテンは大輪で今年は沢山花を付け、驚いていますが大変綺麗ですから、嬉しく友人達が見にきます。ベランダがとても華やいで癒されています。
いまは終わりの見えない戦争とやはり、続くコロナで明日の事が分からない時代です。
花をたのしんだり、美味しいものを食べて元気に生きられたら幸せですね。



ランキングに参加しています。
ぽちして応援いただけると励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

黄蝶のたわむれ追えば石段の足ままならず芍薬の咲く

逞しく生きたあかしを伝えたく酔わねば書けぬ子等への手紙

年ごとに少なくなりぬ飲み友のワインふふみてニニ・ロッソ聴く

つくし生え「がくえん橋」の土手の上 見るはなつかし安曇野の郷


芍薬
つくし


ようやく春本番になりました。
春の花があちこちに咲き乱れています。
今日は夏日の地方もあるらしく、暖かになりなりました。
暖かくなると気分まで変わり何となく弾んで嬉しいものですね。
でも朝と夜とでは気温差も激しいので油断はできません。
夕方は冷えますので一枚羽織ます。

芍薬がとても綺麗です。
今日買い物帰りに黄蝶が私の足元にひらひらと舞って、早いなぁとつくづく思いました。
つくしも沢山生えて幼い頃が懐かしく思い出されます。
それにこの辺りは樹木が多いのか名も知らない小鳥の囀りや朝夕は鶯の啼く声も聴かれます。
そんな時は平和だなぁと思いますがまだまだ・・・・・
プーチン次第でどうなりますか。
明日の事が分かりませんので、今のうちだけでも好きなように元気で楽しく過ごしたいと、思っています。




ランキングに参加しています。
ぽちして応援いただけると励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

このページのトップヘ