イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
梔子の真っ白が陽に輝きさき初めました。厳かな感じのする白さです。
西洋では「ケープジャスミン」と呼ばれています。香りがジャスミンに似ているからです。元々一重咲きですが、現在では八重咲きが多く見られます。
アメリカではダンスパーティーに誘う時男性が女性に梔子を贈るそうです。
花期は6月~7月ですが今年は早いですね。11月頃赤黄色の果実をつけます。
花言葉 幸せを運ぶ・清潔・胸に秘めた愛・私は幸せ
 
夏の日はなつかしきかなこころよく梔子の花汗もちてちる    白秋
 
薄月夜花くちなしの匂いけり                 子規
 
梔子のとどまる色の白きにて香りほのかに君を待つ花
 
清らかな白き花もつ梔子の恋にこひする少女にも似て
 
真白なる梔子咲けり雨の日にしずく光りてポトリと落ちぬ
  つぶやき
朝の陽にひかり輝く椿の葉ふく風さへも夏の香のする
 
手作りの琥珀の梅酒すき通り冷やして愉しむ夏の食卓