短歌と日々の想い

自作の短歌と日々の想いを書いています。

2021年01月

北陸の大雪のニュース告ぐる時 蝋梅の黄冷えびえ香る

この冬は小鳥も来ぬと欅の木ショウビタキ一羽飛び立つ
               

年古れどお洒落の好きな吾なりて娘の作りたるピアス楽しむ
          

真夜の二時机に向かう娘
ためにシチュウを煮込みし若い日のわれ
                   NHK短歌「入選への道」に掲載「栗木京子」選、
                       評 
                                                                                    「若き日のわれ」にはどこか甘美な情感も湛え
られて
                                                                                     おり  心に残ります。

                        「若き日」を「若い日」に添削


蝋梅2


ピアス


コロナ禍も何時まで続くのでしょうか。
毎日の自粛にはもう疲れました。
今年の冬は厳冬といいながら、もう蝋梅が咲いています。
甘い香りが何とも言えません。
癒されますね。

ピアスは娘が作ってくれました。
マスクする時は耳にぴったりつくのがいいと云いましたら、作ってくれたのです。
買いたいと思っていましたので,有難く貰いました。
可愛らしいですよ。

下の「入選への道」は多分もう少しで入選、と言う意味らしいです。
娘が中学の時志望の高校受験勉強をしていた時で、まだ私も若かったから出来たのだと思います。


ランキングに参加しています。
ぽちして応援いただけると励みになります。



にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村



                      

吐く息の冷たき朝にも凜と咲く白水仙の花のかぐわし

庭先に見る千両の朱き実の冬日に映えて年あらたまる
                                 
  て
山の端の初日に向かい掌を合わせ吾が身の丈の幸せ祈る

正月は年に一度の団欒の家族でかこむ華のテーブル

白鳥が生みたるもののここちして朝夕めずる水仙の花
                                                                             与謝野晶子

00af7c94-s

千両1

 
アット云う間に  年も明けて6日も経ちました。明日は七草粥の日です。
喪中につき新年のご挨拶は失礼しました。
正月はひっそり静かな正月でした。
午後から娘が来て少し正月らしい雰囲気になりましたが・・・・

コロナも益々感染者が増え動きが取れません。
自粛の毎日で精神的にも疲れますね。
今年の私の抱負と言うか目的はオンとオフの切り替えをはっきりさせたいと思っています。
それが今まではダラダラして思うようにはいかなかったのですが・・・・
今年は励んでみたいと思っています。
コロナもこちらは緊急事態宣言が明日から発令されるようですが、各々が気を付ければ大丈夫と思います。

 


ランキングに参加しています。
ぽちして応援いただけると励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村                                                                                   

このページのトップヘ