短歌と日々の想い

自作の短歌と日々の想いを書いています。

2018年11月



     友送り寒さ身に沁む夕暮れに白き侘助やさしく笑う

  街路樹の半分もみじに染まる中冬の来たりとバス、通り行く

  そろそろと正月用品売り出しに 賑わうスーパー早くはないか



早いもので、今年も後1か月となりました。
振り返ってやり残しはないかと思いつつ何とか生きてきたような気もします。
体調も崩しましたが、後半は良い一年だったと言えるような気もします。いろいろ
ありましたが。
中々計画通りには行きませんでしたが、大した焦りもなく過ごせた事は有難いと
思います。
テレビでは毎日のように暗いニュースを報ずる中、元気で、食べて寝られる幸せって
大事な事と、改めて感じました。
先ずは健康第一と考え、自分の体と相談しつつ来年の計画を立てたいと思っています。





  


   逝く秋に名残り惜しめど銀杏の葉寒風に舞いうずまきて散る

   枯草の空き地の方から元気よくラジオ体操冬でもつづく

   にゃーと鳴く猫の言葉を聴き分けて「そうね」と娘相槌をうつ



 大分寒くなりました。木々も色づきもうそろそろ秋も終わり、11月も末ともなれば
 後1か月、平成最後の正月が待っています。
 振り返ってみて今年はどんな年だっただろう、去年よりずっと良かったような
 気もします。病気もしたけど少しづつ良くなって来ました。
 短歌も活字になり新聞に載りました。正直嬉しいです。まだまだ足りないので頑張
 りたいと思っています。
 
 少しブログの形態を変えてみました。これからもよろしくお願いします。


   

長い間、拙いブログにお付き合い下さり有難うございました。
最近、少し体調を崩しお休みしたいと思います。又、元気になりましたら復活する
つもりで居りますが、時々調子の良い時には短歌だけでも載せたいと思っていますが、
その節は宜しくお願い致します。
今では病院通いとリハビリで過ごす毎日ですから、皆さまのブログも訪問出来ない事
もありますので、悪しからず、よろしくお願い致します。


 川端のススキ穂未だ咲きおれど揺らぐ姿に秋も終わりと

 しばらくの憩い求めてCDの「枯れ葉」聴きつつキーボード打つ

このページのトップヘ