短歌と日々の想い

自作の短歌と日々の想いを書いています。

2017年02月

                                                                                                               
イメージ 1




















                                                                                                                
イメージ 2
 
紅梅と白梅
梅は古く中国から渡来し、日本で江戸時代に品種改良が行われ、親しまれて品種だけ
でも300種はあると言われています。
昔は桜より梅が人気があり、奈良時代にはすでに貴族の間では花見の宴と言えば
梅見の事でした。
平安時代に一気に梅と桜の人気が逆転したことが分かったそうです。
花言葉 高潔・忠実・気品・厳しい美しさ・あでやか
開花時期 地方により異なります。
九州・四国地方 1月末
関東・中国・近畿地方 2月末
北海道 4月~5月
梅は春一番に咲き鶯は春の訪れを告げる春告げ鳥とも言われ、梅に鶯は春を待ち
わびる日本人の理想のイメージです。
近所でふと目にした梅の花ですが、白梅と紅梅が同時期に開花するのは珍しいと
聴き載せてみました。ほのかな香りが何とも言えません。梅は桜より長い間咲いて
いるそうです。

春来ればまず咲く宿の梅の花香をなつかしみ鶯ぞ鳴く
こち                        古今集 紀貫之
東風吹かば匂いおこせよ梅の花主なしとて春奈な忘れそ
                        菅原道真
馥郁と古木なりても梅の花 芽吹くも早き春を告げたり

散策のコースを変えれば香り来る紅梅・白梅 しばし佇む
つぶやき
青空を吸い込む毛布ぬくぬくと冬日の匂いが眠りを誘う

知らせ来る鶯鳴いたと君の声春はそこまで如月のあさ

春一番髪の乱れに真知子巻き何気にすれど意外と似合い


イメージ 1






















ワックスフラワー
蝋細工の様な光沢のある珍しい花です。私も初めて知りました。
小さな、小さな愛らしい花です。花の真ん中から蜜を出して、甘い香りを放って
います。
花期は3月~6月と言いますが、早くから店頭にありました。
最近は花で四季を判断する事が出来なくなり、何か寂しく感じます。
オーストラリアの原産でオーストラリアでは最も重要な切り花として知られて
います。
色は ピンク・白・赤・紫
針のような葉が特徴でしょうか。
花言葉 艶めく眼差し
私の感想ですが、最近は改良された花が多く、綺麗に店先を飾りますが、季節に
季節の花が買えないのは寂しいですね。1年じゅうある花もあります。
改良も良し悪しと思いました。

珍しきワックスフラワーの小さき花触れてもみたく愛らしく咲く

四季うすれワックスフラワー艶めいて短き春を愉しみて咲き
つぶやき
ふっくらと朱き蕾の沈丁花待たれる香りの春はそこまで

「母さんが夜なべ」の歌の懐かしく自分で編んだ手袋嵌める

冬空をミルクココアを飲みながら待つしかない春花の咲く春

唐突にお伊勢参りと発つ娘悩みあるかとそっと見送る
                        水甕誌2月号特選掲載

このページのトップヘ