短歌と日々の想い

自作の短歌と日々の想いを書いています。

2017年01月


イメージ 1
                                                                               
イメージ 2                                      













イメージ 3
 











パンジー  
パンジーは12月頃から咲いていますが、冬の花と言われています。
風にゆらめく姿はなんとも言えず愛らしく見えます。
ヨーロッパ、アジア西部原産。19世紀以降改良が進んで日本には江戸時代に渡来
しました。
ビオラに似ていますがパンジーより小さいのがビオラだそうです。
開花期 10月~翌年の7月ごろまで。長く咲きますね。
花言葉 物思い・思慮深い・心の平和
黄色  慎ましい幸せ
色により異なりますが、優し気な花ですね。
私は、ワインカラーのパンジーは初めて見ました。思はず綺麗!と言ってしまいました。
ポーランドの国花です。
日本での呼び名は三色スミレとも言い諸説紛々です。

慎ましく風にゆらぎてパンジーの冬空のもと健気に咲きぬ

パンジーのワインカラーは初めてとしばし佇む眼科医の前
つぶやき
枯れ芝にひっそり芽を出す福寿草今年の福と花を待たるる

寒がりの君にセーター編みたいと思い思いて春の近づく

北国は吹雪とニュース告げるなか庭の白梅 春のさきがけ
                                                                       
 




イメージ 1























イメージ 2
水仙
冬の花として、水仙を選んでみました。今頃咲く水仙は花が割合に小さいです。
早咲きは正月前には既に咲いていますが3月ごろ咲くのは花が一回り大きいと
言われています。
水仙はほっそりとしなやかですが、結構寒さに強い花で気品のある花と言われて
います。私は何より可憐さが好きです。
原産地 地中海沿岸 平安末期に中国から日本に渡来しました。
学名でもある「ナルシサス」はギリシャ神話の美少年で有名ですね。
色んな種類がありますが、日本水仙が最もポピュラーです。 福井県の県花です。
別名 雪中花 雪の中でも春の訪れを告げますので。
花言葉  想い出・記念・優しい追憶

水仙や寒き都のここかしこ            蕪村

初雪や水仙の葉のたわむまで           芭蕉

うぶすなの石段昇れば黄水仙祈り届くかに群なして咲き

追憶の中にありたる水仙の白く芳し凍てつく朝も
つぶやき
初詣でラッキーカラーを嵌めた指朱(しゅ)色のサンゴに冬陽輝く

娘来て雑煮を出せばニコニコと「懐かしき味」と嬉し気に言ふ

オーボエと弦楽器なる四重奏ラ・クンパルシーター懐かしく聴く


このページのトップヘ