短歌と日々の想い

自作の短歌と日々の想いを書いています。

2016年12月


イメージ 1

イメージ 2

















                                                                                                                 イメージ 3



 
クリスマス・お正月に薔薇は如何でしょうか。少し華やいだ気分も良いと思います。
薔薇は季節を問わず花屋さんにありますね。今では改良されて色んな品種があります。クリスマスから新年にかけて、薔薇を楽しみましょう。
心まで浮きたちます。
古代から最も愛された花です。花言葉はそれぞれ色によって異なります。
原産地 ヨーロッパ・アジア
花言葉(赤)恋・愛
   (ピンク)感銘・初々しい乙女の感情・初恋
   (黄色)嫉妬・・・・実際には黄色は高貴でエレガントな美しさがあります。
薔薇の特徴は甘い香り、香水の材料にも使われます。とにかくよい香りですね。

くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽のやわらかに春雨のふる
                          子規       
大きなる紅薔薇の花ゆくりなくぽっと真紅にひらきけるかも      
                                白秋
石塀に添ひて薫れる薔薇の花静かに見入る寂しき日には

薔薇の花百万本は無理なりとささやかなれど部屋の華やぐ
つぶやき
オーボエのソロの演奏アベマリア聖夜を被う君のおもかげ

見る人の心の趣それぞれに雲路に沿ひて浮かぶ満月
                          水甕誌1月号特選掲載
台風の雨に打たれて萎えるのはダリアの花とわたしの海馬
                          水甕誌1月号特選掲載


                                                       

                                                                                                           
イメージ 1

イメージ 2

シクラメン
師走ともなれば街は何となく新年を迎える準備に入りましたね。
これは、近くの花屋さんで撮らせていただきました。ポインセチアの方が先ですが
、今年はまだポインセチアが少ないように感じまして,先ずはシクラメンをと思いました。
シクラメンは冬の代表的な花として親しまれています。シクラメンの香りと言いますが、本当は香はないそうです。品種によって多少はあるのもあるとか。
地中海沿岸の地域に自生するサクラソウ科の原種シクラメンをもとに品種改良されたらしいです。
ドイツを中心としたヨーロッパで生まれました。
花期 11月~4月頃まで。色は豊富です。
花言葉は色によって異なりますが一般的には、内気なはにかみ・理解・清純
シクラメンは花の数だけ葉があると聞きましたが、私は知りませんでした。
最近はミニが多いですね。

風の音がかすかに聴こゆ小春日に蝶の舞ふごとシクラメン咲く

くれなゐのシクラメン眺め乙女子は何がありしか微笑みて去る
つぶやき
モーツアルト聴きつつ飲みしコーヒーのほろ苦き味捨てた恋に似て

今日も又晶子の歌碑に会えたから桜紅葉の赤はうれしい
                      
陽が昇り空気ゆるめる庭先に五つ六つほど山茶花ひらく
                                                                              

このページのトップヘ