短歌と日々の想い

自作の短歌と日々の想いを書いています。

2016年11月


イメージ 1



皇帝ダリア 
別名木立ダリアとも言います。10月頃蕾をつけ11月位に大きな花を咲かせます。
皇帝ダリアは短日植物で昼の時間が短くならないと蕾が付きません。
色はピンク。晩秋の頃空に聳え立つ姿は圧巻です。
霜が降りたら枯れるので2月ごろまでは大丈夫と聞きました。
蕾 10月中旬から11月 開花は11月中頃から12月中頃。
原産地 メキシコ・中南米
花言葉 乙女の真心・乙女の純潔
青空に映えピンクの花姿から付けられた名前で雄大さと可憐さを兼ね備えて
います。
私はつい最近家の近くで見つけとても嬉しかったこと覚えています。
カメラを持って散歩しながら花を見つけて歩くのも愉しみの一つになりました。

空高く皇帝ダリアは蕾もち孤高の花と輝きて咲く

優し気に皇帝ダリアは咲きにけり 乙女の夢が叶ふかのごと
つぶやき
秋冷の朝に取り出すジャケットに去年失くしたピアスが一つ

「今行くよ」慌ただし気な娘の電話 秋刀魚の蒲焼きやがて届きぬ

「うら寂し」一人の暮らしの気儘にて夕餉の寿司が三日もつづき
                           水甕誌12月号掲載
暑き日に友倒れたる知らせあり不安つのりて蝉鳴きやまず
                           水甕誌12月号掲載
                                                                                 


イメージ 1

イメージ 2

ペチュニア
ペチュニアは愛らしい草花と言われて春ごろから咲き続けています。普通は4月~
10月とも言いますが、図鑑には4月~11月ともあります。
最近の季節感がおかしくなり、夏の花が春に咲いたり秋の花が夏咲いたり、戸惑って
しまいます。
ペチュニアも夏に多いですが、未だに咲いているのもあります。花付きの良さ、
花色の豊富さ、500種以上の品種があると聞きました。
八重咲もあるそうですが、私は観た事ありません。
長い間株いっぱいに花を次々と咲かせ楽しませてくれます。
最近では夏の草花の定番と言われていますが、さて今年は何と言われるでしょうか。
花屋さんでは11月に入荷しますと言っていましたが、花も狂い咲きが多いですね。
花言葉 あなたと一緒なら心が安らぐ・心の平安
原産地 南アメリカ

柔らかな秋の日差しにこたへつつペチュニアの花今日も咲きつづく

庭隅で秘めやかに咲くペチュニアのピンク色濃く想ひにふけり
つぶやき
忍び寄る秋の終はりを感じつつリバーシブルのコートを取り出す

秋なれば優しさだけが欲しくなり今宵は一人ポトフにしやう

気は若くスニーカーにて出かければ赤きヒールが下駄箱に泣く

蟷螂の枯れ紫陽花にしがみつき朝の冷気にたじろぎてをり

このページのトップヘ