短歌と日々の想い

自作の短歌と日々の想いを書いています。

2016年09月


イメージ 1

イメージ 2
りんどう          これは花屋さんで見つけました。開いていませんが。
りんどうは秋の山野草の代表的な花です。
原産地が日本ですから、本州・四国・九州に分布し、人里に近い野山から産地の
草原によく見られます。
人気が高く、薬草としても知られています。
開花期 8月~11月
昔は青紫だけでしたが、最近は色んな色が出回っています。
りんどう(竜胆)は清少納言が愛した花と言われています。
花言葉
悲しんでいるあなたを愛す・勝利・貞操・正義感・寂しい愛情
花言葉が良いので敬老の日のプレゼントに喜ばれると聞きました。
釣鐘型のフォルムが愛らしく天候が良ければ花開き曇り・雨・夜は閉じる不思議
な花です。
私も時々買ってきますが一度鉢植えを買って失敗しました。野草ですから、やはり
野辺がいいのでしょうね。秋の野辺には色んな花が観られるので、子供の頃が
懐かしく思い出されます。蝗を捕ったり花を摘んだり、都会では味わえない
想い出です。

陽が落ちて意味なく寂しなぐさめにりんどう買ひて食卓飾る

りんどうの又一つ見つけ散歩道 あなたを愛すと言ひたげに咲く
つぶやき
故郷の稲穂かきわけ蝗捕り はるけき想ひ出佃煮の味

気晴らしに料理始めぬ秋の夜にペスカトーレに一人で乾杯
                    いずこ
うす陽さすベランダに舞ふ黄揚羽の何処へ行くのか秋と言ふのに


イメージ 2

イメージ 1

ダリア
夏から秋にかけて開花し大きな花輪と小さな花輪があり、色鮮やかな花です。
特徴としては豪華で力強く咲く、それでも可憐さのある花です。18世紀にメキシコ
からスペインにもたらされてから品種改良されました。
花色は赤・オレンジ・黄色・ピンク・白
花言葉は色により異なります。
赤 栄華・華麗・   白 感謝・豊かな愛情   黄色 栄華・優美
原産地 メキシコ   開花期 7月~10月
皇帝ダリアは最も大きく育つ原種の一つで、一重・八重
ボール・ポンポン・カクタスなど多くの咲き方があります。

ダリアは大変豪華に見える秋の花の一つです。プレゼントなどに喜ばれると思い
ます。
先日、ピンクの小輪を一輪買って食卓に飾りましたが、なんともほんわかと心の
温まる思いがしました。癒されますね。

そぞろなる夜の心にうかびくるダリアの花はわりなかりけれ 
                           晶子                           
君と見て一期の別れする時もダリアは紅しダリアは紅し 白秋         

かなしさは日光のもとダアリアの紅色ふかくくろぐろと咲く        
                                茂吉
風そよぎ秋の陽に映え咲きゐたりダリアの花は友を想へり

大輪の誇らかに咲く紅ダリア 思ひを一つ遂げてうれしげ


つぶやき                   すずかぜ
木犀の梢ですだく鳥の声愉しみて聴く涼風のなか

独り居のくすんだ色をはらひのけお洒落をしようとピアスを選ぶ



イメージ 1

イメージ 2
                         
 
                   トルコキキョウ
今回は周年咲くと言われている、大変綺麗なトルコキキョウを選んでみました。
名前はトルコキキョウでもトルコの国とは関係ありません。花や蕾の形がトルコ人
のターバンを連想させる事かららしいです。
原産国はアメリカで19世紀にイギリスに持ち込まれ、日本へは1930年台に渡来し、
日本で改良され、現在流通しているほとんどの品種は日本原産と言われています。
開花期 5月~9月 出回り時期 3月~10月 ほとんど周年だそうです。
花の色 赤・白・ピンク・紫・黄色・青 と沢山あります。
別名 コーストマ・エウストマ・リシアンサス・トルコ桔梗
花言葉 清々しい美しさ・希望・思いやり・あなたを思う
色により異なります。

甘い柔らかな雰囲気の花ですから私は乙女を連想したのですが、ある時、
テレビで「由紀さおり」さんの対談を観ていましたら、バックにトルコ桔梗の花が
沢山飾ってあったのを観て、これは大人の雰囲気の花と感じました。
短歌も大人の雰囲に持って行きたかったのですが、如何でしょうか。

ふんわりとトルコキキョウは花開き想ふ人ありネクタイ選ぶ

思い切り優しさあふるトルコキキョウ遠き日の恋むらさきの色
つぶやき
五月晴れテニスコートを駆け巡る兄の姿よマーガレット群れて
                            水甕誌9月号掲載
長きこと沙汰なきままに過ぐる息子の花の便りと紫陽花届く
                             水甕誌9月号掲載
水鏡うつして月と蓮の葉の重なりゆれる夏の庭さき

このページのトップヘ