短歌と日々の想い

自作の短歌と日々の想いを書いています。

2016年02月

イメージ 1
     葉ボタン
 
イメージ 2
今回は華やかなプリムラマラコイデス(通称プリムラ)と大人しい感じの葉ボタンを並べてみました。
プリムラマラコイデスは和名サクラソウまたは化粧桜とも言います。
原産地 中国 開花期2月~4月 日本へは明治末に渡来。
花言葉 運命を開く・素朴・気取らない愛
春を代表する鉢植えとして人気があります。
 
葉ボタン
原産地 ヨーロッパ南部・西部
花言葉 祝福・利益・記憶に残る思い
冬の花壇を華やかに彩る植物として古くから栽培されていました。
最近はミニ葉ボタンの人気も高まっています。
江戸時代中期に渡来して大分品種改良されています。
 
プリムラ
桃色の小さき花弁プリムラは肩寄せ合ひて春の陽告ぐる
 
薄化粧したかのごとくプリムラは乙女のやうにはにかみて咲く
葉ボタン
何となく寂しく聴こゆる葉ボタンの淡き色どり人目を魅きぬ
 
部屋中にコンポート煮るりんごの香ほのぼの満ちて今日が始まる
                     水甕誌3月号掲載
一万歩あるくは無理と音をあげぬあへぎあへぎに野菊が笑ふ
                     水甕誌3月号掲載
 
 
 
 

イメージ 1
イメージ 2
 春の花 アネモネが綺麗に咲きました。
アネモネはギリシャ語で風を意味します。
風の神のゼフュロスが妖精アネモネに恋をして一輪の花に変へられたギリシャ神話があります。
原産地 イギリス 1872年に渡来しました。
花言葉 白 真実・期待・希望
赤 君を愛す 青 あなたを信じます
花期 2月~5月
近年は八重咲き、一重咲き、半八重咲き
菊咲き、等があります。アネモネは何百種もありますが、日本には10種位だそうです。アネモネを沢山飾って冬や春を楽しく過ごしたいですね。
 
やわらかな風にゆらぎてアネモネが咲けば華やぎ春はそこまで
 
八重咲きの赤きアネモネ蕾もちそっとささやく明日咲きます
 
日記帳君がこころのペンの跡そんな気がして秘かに閉じぬ
 
使う水何時の間にやら湯に代り寒さ身に沁む寒露の朝に
                     水甕誌2月号掲載 (特選)

このページのトップヘ